夫婦と家族

気になる婚約指輪の相場とは|ブランドによって異なる

素敵な印象を

水色のドレス

個性が出るドレス

ウェディングドレスは、一生に一度の晴れ舞台のため、こだわって選ぶ人が多いでしょう。対してお色直しのカラードレスは、あまり話題にはなりません。しかし結婚式に参列したゲストの印象は、実はカラードレスの方が強いのです。純白のウェディングドレスは、花嫁にふさわしく神々しいものです。そのため、どんなドレスであってもとても素敵に見えます。その通り、花嫁さんが綺麗だったという感想のゲストばかりでしょう。しかしどんなドレスだったのか、ということは意外と覚えていないものです。それよりも、次に着たカラードレスの方が印象に残ります。そのドレスが素敵であれば、数年経っても思い出してもらえるでしょう。つまり、個性が出るのはカラードレスなのです。

カラーバランスを考える

印象深いカラードレスを選ぶには、色のバランスが大事です。まずは、式場の下見に行きましょう。そこで使われている床材、テーブルクロス、装飾品などの写真を撮ってからドレスショップに行きます。そしてそれらの色に合うドレスを探すのです。例えば、白が基調のインテリアに真っ赤なドレスでは、コントラストが強すぎて悪目立ちします。しかしゴールドが基調のゴージャスなインテリアだと、赤はエレガントに映るでしょう。柔らかい印象を持たせたい場合は、淡い水色のドレスでも素敵です。このように、カラーバランスで印象はがらりと変わるでしょう。色を考えながら選んだドレスは、まるで絵画の一部のように心に残ります。豊かな色彩とともに、素敵な式のことが思い出されることでしょう。